F.SAI 解析事例(水理解析:洪水吐ゲートの水圧による変形量の検討)

概要
ダムには洪水時に貯水量を調整するための洪水吐(こうずいばき)という放流設備が
あります。
本解析では水圧による洪水吐の変形を解析するために、F.SAIを用いてFLOW-3D
流体解析結果をFEMメッシュにマッピングし、構造解析の初期条件を作成しています。
F.SAIの機能検証が目的のため、洪水吐の開度や構造は仮想的な設定としています。

fsai_dam1

構造解析の荷重条件生成
fsai_dam3

あらかじめ用意した構造解析用の有限要素(FEM)メッシュに対してFLOW-3D
計算した水圧をF.SAIを用いてマッピングし、構造解析の荷重条件を生成しています。

構造解析結果(FEMAP with NX Nastran)
F.SAIでマッピングされた水圧(圧力荷重)をもとに、構造解析ソフトウェアでゲートの
変形量を解析しました。アニメーションは変形量のコンタです。ゲート位置の違いに
よる変形量の差が確認でき、F.SAIによって水圧が正しく変換・転送されていること
が分かります。

fsai_dam5

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。

http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/fsai_water.htm

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中