YouTubeに FLOW-3D CAST 高圧ダイカスト(HPDC):充填解析(filling analysis) 事例 を追加しました


高圧ダイカストのモデル化において最も難しいのは高圧かつ高速度で射出された溶湯の挙動を正確に追跡することです。どのソフトウェアにおいても噴流状の溶湯が引き起こす様々な欠陥を予測するのは非常に重要です。
上図に示す事例ではFLOW-3D Castが高圧ダイカストの充填問題も十分に解けることを示しています。

FLOW-3D CAST 高圧鋳造については弊社の高圧ダイカストページをご覧ください。
http://www.flow3d.co.jp/products/flow-3d-cast/cast-applications/high-pressure-die-casting.htm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中