【ご来場御礼】2014 日本ダイカスト展示会

DSC01578_10_percent

DSC01588_percent

DSC01581_10_precent_

2014年11月13日から15日までパシフィコ横浜にて開催されました「2014日本ダイカスト展示会」に出展いたしました。おかげさまで沢山のお客様にお立ち寄り頂き、大盛況のうちに終了いたしました。
弊社ブースへご来場頂きました皆様へ、厚く御礼申し上げます。

会期中、展示デモ等でご説明などが行き届かない点もあったかと存じます。展示内容につきまして何かご不明な点がございましたら、お問い合わせページよりご連絡いただければ幸いに存じます。

また、ブースにてご紹介しておりました汎用流体解析ソフトウェアFLOW-3Dならびに鋳造解析ソフトウェアFLOW-3D Castにつきまして、それぞれ毎月定期的に無料紹介セミナーにて特徴・機能・解析事例等をご紹介しております。
流体/鋳造解析にご興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

無料紹介セミナーはこちらよりお申込みください。

さらに、鋳造に関するCFD(数値流体力学)理論にご興味をお持ちの方を対象にした講義形式のCFD理論セミナーも開催しております。
弊社技術スタッフにより分かりやすく理論の解説をいたしますので、ご興味をお持ちの皆様、ぜひご参加ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

出展製品

FLOW-3D
FLOW-3D MP
FLOW-3D Cast
F.SAI

広告

YouTubeに FLOW-3D 熱硬化性樹脂による圧縮成形解析(Thermosetting resin compression moulding)を追加しました

圧縮成形プラスチックでは、金型を加熱しておいて、成形材料を下型(雌型)入れて熱軟化させ、上型(雄型)で加圧・流動させ、キャビティ-内に充てんして形成品を得る方法をいう。熱硬化性樹脂で食器や電気部品を裂造するときの代表的な成形法となっている。

 

YouTubeに FLOW-3D ろう付け(ブレージング) brazing を追加しました

ろう付けも金属を接合する手法の一つです。母材や部品などの被接合物よりも融点の低い­金属をろう材として使用します。溶融したろう材を接合部へ供給し、固化させて接合して­いきます。ろう材の拡がり、凝固のタイミングなど、 FLOW-3D によるシミュレーションで現象の再現、適切な条件を検討することが可能です。

詳細はhttp://www.flow3d.co.jp/cfd-applications/laser_brazing.htmをご覧ください。

YouTubeに FLOW-3D レーザ溶接 laser welding を追加しました

レーザー溶接は、レーザー照射による熱量を母材に加わえて溶接します。また、レーザー­の出力によっては溶融金属の蒸発が起こります。この蒸発により発生した溶融界面を押す­力が、表面張力や重力のような界面を安定させる力を上回るとキーホールが生成されます­。照射光源が移動することでキーホールも移動し、溶融池内部の対流は非常に複雑になり­ます。

詳細はhttp://www.flow3d.co.jp/cfd-applications/laser_brazing.htmをご覧ください。

FSJ_Development_button

YouTubeに FLOW-3D はんだの溶融解析 を追加しました

凝固したはんだ上にチップを配置し、Void域に溶融点以上の雰囲気温度を設定し、はんだが溶融し、チップや基板上にはんだが濡れ広がる現象を解析しました。

詳細はhttp://www.flow3d.co.jp/cfd-applications/soldering.htmをご覧ください。

YouTubeに F.SAI (FLOW-3D Structure Analysis Interface) – 構造インターフェース – を追加しました

弊社 開発製品であるF.SAIは、FLOW-3Dの解析結果を構造解析に転送するインター­フェースです。FLOW-3D/ FLOW-3D MPの解析結果データ(流体圧力・流体温度・壁温度)を 構造解析の有限要素(FEM)メッシュに時間を指定して出力することができます。

詳細は、http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/index.htmをご覧ください。

FSJ_Development_button

YouTubeに FLOW-3D ピストンオイルジェット挙動解析 を追加しました

ピストン冷却用オイルジェットの挙動を流体解析ソフトウェアFLOW-3Dを用いて解­析しました。高速で移動するピストンをGMO(一般移動物体)機能でモデル化していま­す。コンターはオイル温度を表し、ピストンの熱による温度上昇が確認できます。