YouTubeに F.SAI (FLOW-3D Structure Analysis Interface) – 構造インターフェース – を追加しました

弊社 開発製品であるF.SAIは、FLOW-3Dの解析結果を構造解析に転送するインター­フェースです。FLOW-3D/ FLOW-3D MPの解析結果データ(流体圧力・流体温度・壁温度)を 構造解析の有限要素(FEM)メッシュに時間を指定して出力することができます。

詳細は、http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/index.htmをご覧ください。

FSJ_Development_button

F.SAI Ver.3.0リリースいたしました

FSAI_release30

Ver.3.0をリリースいたしました

▼Ver.3.0では、以下の項目を追加いたしました。
【新機能】
・時間レンジを選択し出力可能
・複数のリスタートファイルに対応

【対応構造解析形式】
・Marc Mentat 2012
・HyperWorks OptiStruct
・HyperWorks Radioss

【動作環境】
・Linux 64bit RedHat Enterprise 4.0
及び5.0, SUSE 9.0及び 10.0

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。
http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/

FSJ_Development_button

Cad2stl Ver.1.4.1リリースいたしました

cad2stl_release141

Ver.1.4.1をリリースいたしました。

  • Marc Mentat入力ファイルの固定長フォーマットに対応いたしました。

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。
http://www.flow3d.co.jp/products/Cad2Stl/

FSJ_Development_button

F.SAI 解析事例(水理解析:洪水吐ゲートの水圧による変形量の検討)

概要
ダムには洪水時に貯水量を調整するための洪水吐(こうずいばき)という放流設備が
あります。
本解析では水圧による洪水吐の変形を解析するために、F.SAIを用いてFLOW-3D
流体解析結果をFEMメッシュにマッピングし、構造解析の初期条件を作成しています。
F.SAIの機能検証が目的のため、洪水吐の開度や構造は仮想的な設定としています。

fsai_dam1

構造解析の荷重条件生成
fsai_dam3

あらかじめ用意した構造解析用の有限要素(FEM)メッシュに対してFLOW-3D
計算した水圧をF.SAIを用いてマッピングし、構造解析の荷重条件を生成しています。

構造解析結果(FEMAP with NX Nastran)
F.SAIでマッピングされた水圧(圧力荷重)をもとに、構造解析ソフトウェアでゲートの
変形量を解析しました。アニメーションは変形量のコンタです。ゲート位置の違いに
よる変形量の差が確認でき、F.SAIによって水圧が正しく変換・転送されていること
が分かります。

fsai_dam5

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。

http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/fsai_water.htm

F.SAI Ver.2.0リリースしました

FSAI

Ver.2.0をリリースしました

F.SAIはFLOW-3Dの解析結果を構造解析に転送するインターフェースです。
FLOW-3D/ FLOW-3D MPの解析結果データ(液体圧力・液体温度・壁温度)を 構造解析の有限要素(FEM)メッシュに時間を指定して出力することができます。 これまで煩雑だった流体‐構造連成解析を簡単にご利用いただけます。
F.SAIは当社開発商品です。

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。
http://www.flow3d.co.jp/products/FSAI/

FSJ_Development_button

Cad2stl Ver.1.3リリースしました

cad2stl

Ver.1.3をリリースしました

  • ABAQUS入力ファイル( .inp, .INP)の読み込みに対応しました。*Ver.6.2以降
  • NASTRAN(バルクデータ)ファイル( .blk, .BLK)の読み込みに対応しました。
  • インストール方法、起動方法を改善し、簡易化しました。

詳細は下記弊社HPよりご覧下さい。
http://www.flow3d.co.jp/products/Cad2Stl/